Return to site

ソニーの中期経営方針に物申す
【その2】=横田記事=

「出る杭」を求めよ

企業の本質とは、ビジネスマンという人間の集まりである、と横田は言う。
だからこそ、企業の基本的な方向性を示す中期経営方針に、その大半を占める従業員についての項目がないなどということは、あってはならないことである、とも。
SONY復活の鍵は、イノベーターであり良きリーダーとなりうる出る杭にある。
夢を追え!
同時に、夢を追うことの有用性についても当記事では言及されている。
そうだ、SONYは、仕事を徹底的に楽しみとしてしまう人たちが集まった企業であり、夢を追うことで、世界をワクワクさせていたのだ、と。
出る杭コンサルタントの眼
※日経テクノロジーオンラインへリンクしています。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly